お笑いろぐ

最新ではなく最深を目指して

2017年6月19日白黒アンジャッシュ

2017年6月19日白黒アンジャッシュ

ゲスト:うしろシティ 前半

 

 

 平子っちに変身させられた金子さん(内容と全く関係なし)

 

 

結成9年目 松竹芸能

2017年現在、金子さん36歳 阿諏訪さん34歳

 

阿諏訪さんは元人力舎アンジャッシュの後輩。

実は「ワンスター」時代に白黒アンジャッシュに出ていたのに、全く覚えていないと言い張るアンジャッシュ

 

金子さんは「プロデューサーハウスあ・うん」に所属していた。

 

【コンビ結成までの道のり】

他事務所が集まるライブで顔見知りだった二人。

1人だけ非常階段でしゃがんでいた阿諏訪さんに興味を持った金子さん。

社交性がなかった阿諏訪さん、一方で「社交性モンスター」の金子さん。

 

(どっちから告白したの?)

二人「たぶん言ってないんですよ」

阿諏訪「先にネタができちゃったんですよ」

金子「セフレみたいな感じです」

渡部「ネタを何で作ったの?」

阿諏訪「とりあえず何か『こんな設定考えてるんだ』みたいな話になるじゃないですか。そっからじゃあ作ってみようかみたいな」

金子「お互い今彼氏彼女がいないのは知ってる訳ですよ」

渡部「意識してるよねぇそこねぇ」

阿諏訪「で密に連絡も取ってるんです」

渡部「でもどっちとも言ってこないの」

金子「たぶん好きなんだろうなっていうのは…」

 

金子「だからなんかもう言葉はいらない…何の話なんだこれ!」

 

オーディションにエントリーするときにコンビ名を決めるのを忘れてて、喫茶店の中で見えるものを全部書き出して「とりあえずこれでいいや」で決めたコンビ名が「うしろシティ」。

後から変えられるからとりあえずこれでいいやと思っていた。

 

 

【サイゲン大介】

料理はバイトで6年半くらいやっていた。

(東京来るまで包丁も持ったことなかった)

「お店任せるから芸人やめてウチに入れ」「今日から一週間鶏をさばきにフィリピンまで行ってくれ」と言われて少し揉めて辞めた。

 

家事えもんがまだ松橋周太呂だった時代に(笑)アメトーークモスバーガーを再現する企画があった。

ライブでしゅーたと阿諏訪さんが会った時に、今度はココイチを作らなきゃいけないんだけど上手くいかないという話をしていて、阿諏訪さんが手伝って一緒に作ってあげた。

 その話を得する人損する人の関係者に話して、サイゲン大介として活動することに決まった。

渡部「サイゲン大介みたいになったのいつからなの」

阿諏訪「いきなり言われました。あなたは今日からサイゲンです」

 

 

【コンビ仲】

コンビ仲はいいけど阿諏訪さんが田舎を馬鹿にする時がある。

金子さんは新潟の津南町出身 阿諏訪さんは神奈川出身

津南町に行ったとき、金子さんは美しい自然などを阿諏訪さんに紹介してあげたいんだけど、阿諏訪さんはシャッターの閉まったお店を見て

阿諏訪「金子、あれ何」

金子「あ、あれは潰れたお店だよ」

阿諏訪「じゃああれは?」

金子「あれも潰れたお店…」

阿諏訪「あぁそうなんだぁ」

 

金子さんの田舎暮らしほっこりエピソードかわいい。

 

 

 

次回は阿諏訪さんの料理を渡部さんに食べさせる。

 

2017年3月1日ナカイの窓

2017年3月1日 ナカイの窓

http://power-pit.com/cms/wp-content/uploads/2015/04/E3838AE382ABE382A4E381AEE7AA931.jpg

 

男女コンビSP

【ゲストMC】
近藤春菜

【ゲスト】
相席スタート
Every Little Thing
織田慶治&渡辺理子ペア
南海キャンディーズ

 

相席さんのトークに萌えたのでその部分のみレポ。

 

冒頭、ケイさんを「ミッツ・マングローブでしょ?」といじる中居さん

 

男女コンビ間で恋愛感情を持つことはある?

山添「僕も一回もないと言われれば…なんかそうじゃないかもしれないですね…」

山里「えっ!」

春菜「いやケイちゃんもそうですねみたいな顔してるけど…」

 

山添「基本的にはないですよ、もちろん漫才をする上で組んでますから」

山添「着替えの時でも、二人一緒で着替えるってなったら、コンビやったらぼくも普通に着替えるじゃないですか。なんすけど、なんかこう『ちょっとあっち向いてて♡』とか『あ、今鏡で私のこと見たでしょ♡』とかっていうのをされると…」

中居「え、(カメラ)回ってないのに?」

山添「はい、誰もいないです、僕らしかいないです」

スタジオ騒然(笑)

ケイ「楽しくないですか?そういうの」

春菜「誰が?」

ケイ「私が」

中居「楽屋でしょ?!」

ケイ「楽屋です」

 

ケイ「山添に『今日何か違うか分かる?』」

山添「もう全然訊いてきます」

ケイ「『答えは、勝負下着をつけてるでした♡』とかやってます」

山添「『分かるかーい!』とか言うてます」

ケイ「やってくれるんで♡」

一同「やさしい…!」

 

男女コンビで言い合いとかあるの?

あまり言いすぎると相方が泣いてしまうのが難しいと山里さん。

山里「そこで、『私別に一生お笑いで食っていかなくてもいいんですけど』みたいな空気を出されちゃうと……」

ケイ「めっちゃ分かる!」

山添「めっちゃ分かります!」

山添「もう、いつのタイミングでもいいから私は結婚してあんたを置いていくからって言われてるんです!」

山里「そのディフェンス無理だよな?!」

山添「何も言えないです!」

 

ダブルボケ時代の南海キャンディーズさんのネタがおもしろい。

 

山里「僕はこれから山添君が当たる壁が全部わかるんだ」

山添「もうすでに格差は生まれてきています」

山里「ここみたいに、ケイちゃんがめちゃくちゃ立ってるコンビは絶対嫌な壁に当たるんですよ」

ケイ「結構仲良くやってますよ?」

山里「まだまだくるから!」

山添「仲は割といい方ですね」

ケイ「でも山里さんよりは山添くんの方がずっといいと思います」

中居「露骨まっしぐらだな!」

ケイ「基本的に優しいですし、気分屋でも全然ないですし、常に優しい。」

ケイ「重いものとか持ってたら持ってくれるんですよ」

 

相席さんは同時期にそれぞれ解散して、共通のお知り合いの作家さんに勧められて結成したんですよね。

ここでコンビ結成時のVTRが!2013年日本テレビのNexT。

初々しいぞえさんきゃわわわわわ…!

ちょっと長めの髪に紺色の服がかわいすぎてかわいすぎて…。

意図的に先輩らしく振舞ってる感じのケイさんにもキュン。

結成前の初ネタ合わせ時、ケイさんの正面に座ったぞえさん

山添「そっち行ってもいいですか?」

ケイ「最初にそっちに、何で前に座ったのかなとは思ってたから…」

山添「ちょっと正面緊張するんで」

 

そして告白シーン(?)

山添「山崎さんと、コンビを組みたいです」

超真剣顔のぞえさん……!!!!!

ケイ「この子は本当にお笑い好きなんだなって感じて、なので、こちらこそよろしくお願いします」

 

「組んでも組まなくてもいいので追っかけさせてください」と依頼されて出た番組だったそう。

 

山添「ただ男女コンビ組んでびっくりしたのは、すっごい人見知りなんで、知らない人ばっかりの芸人さんの現場に行ったときに、先に相方が着いてたりなんかすると僕に連絡入って『今トイレに閉じこもって待っています。早く来てください』って」

中居「芸人不向きじゃん…」

中居「仲良いよね」

ケイ「そうですねぇ」

山添「一緒にお酒飲む時とかは一応僕は深酒はせんようには…」

春菜「間違いが起こんないようにってこと?」

山添「一応です(`・ω・´)」

山添「一応ですよ? 深夜1時が私一番強いとか、間接照明のお店私落とせなかった男いないからとか聞いてると一応…」

 

 

相席の結成時の映像とか仲の良さとかが見れてよかった。

お互いにお互いをしっかり認めている所が良い所だと思います。

 

 

もし山添さんにハマりましたら、私がハマっているこちらの曲も是非。もう山添さんは脱退してしまいましたが…

youtu.be

 

2017年1月28日超ハマる!爆笑キャラパレード

2017年1月28日 超ハマる!爆笑キャラパレード

 

和牛さんが出るということで慌てて録画。

和牛さんと錦鯉さんのところだけレポを。

 

錦鯉「おバカなニュースキャスター」

博多華丸大吉さんの推薦。

白黒アンジャッシュに出てた時に「軽く褒めてくれただけで、ナタリーが持ち上げて記事書いたんです」的な話をしていたような気がしますが…

めざましくんの真似?が面白い(笑)

いつも漫才では渡辺さんが笑顔でツッコむ印象がありますが、今回はプロデューサー役なので笑顔を見せず素早くツッコむ…変な感じ…。

 

和牛「へりくつばかり言う男 水田君」

笑い飯哲夫さん推薦。

ベビーピンクもこもこセーターけんしろう。

黒髪ストレートロングけんしろう。

色白だからシャドーとチークが映えるけんしろう。

水田さんが何か言うと会場から悲鳴が(笑)

そしてキャラコントでもちゃんと「もうええわ」

しかもしっかり抜いてくれるカメラさん。グッジョブです。

 

 

以下近況

2017年はじめてのブログですね。

M-1終わってからすっかり和牛好きに。

昔買ったbaseよしもと写真集quakeを慌てて読み直す。

おもしろ牧場も面白かった。

しゃベルドと白黒アンジャのおかげで錦鯉さんの面白さにも気づく。

すっかりANN聴くことが習慣になったので、書きたいエピソードがあればANNのことも書くかもしれない。(三四郎とオードリー)

ノンスタ石田さんゲストのニューヨークANN最高でしたね。